FC2ブログ

A Midsummer Night's Skyrim

BABYLON STAGE EXTRA ~真夏の夜のスカイリム~(ヴォー・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BABYLON STAGE 21 ~恥辱の秘声術~

SS452.jpg

前回のあらすじ

ふとしたことから魔術の才能を見出した人間の屑、UDN。
しかし、従来の魔術法則をすっ飛ばした特異性を危ぶまれ、専門家に観てもらう事になったが・・・。



u哀しい

UDN「どうやら僕の魔法を観てくれる魔術師と連絡がついたらしいけど・・・。
どうしよっかなぁ・・・・、別に身体に異常はないしなぁ・・・。」

SS152.jpg

Meria「旦那様、ここは素直に観てもらうべきです。
今は大丈夫でも万が一・・・、いえ、ただでさえ危険な旅をしている身なのですからリスクは取り除くべきです。」

SS119.jpg

Lydia「私もメリアさんの意見に賛成です。
それに何かあったとき魔法の心得がない私たちじゃどうしようもできないし・・・。」

SS444.jpg

UDN「・・・うーん、確かに死にはしなくとも緊急時の命取りになると怖いからなぁ。
とりあえず行ってみるとしようかな。場所は・・・イヴァルステッド?
何時ぞや行ったハイフロスガーの麓じゃないか。」

SS122.jpg

Lydia「イヴァルステッド・・・、あっ!!」

u子犬

UDN「えっ・・・どうしたのリディアちゃん?
何か大事な用を思い出したような顔をして・・・・・・ア!!(スタッカート」

SS152.jpg

Meria「どうやらすっかり頭から抜けていた様ですね・・・。
旦那様、大丈夫だとは思いますがデルフィンさんから預かった角笛はちゃんとありますか?」

UDN「あっ・・・(察し)
そっかぁ・・・、どっちにしろこれを届けなきゃいけなかったんだよなぁ・・・。」

Meria「どうにせよ用があるのですから選択肢はありませんよ。
それにもう何ヶ月も経っていますし・・・、アーンゲール師からきつく咎められるでしょうね。」

uポッチャマァ

UDN「またあのホモ仙人に掘られるじゃないか!!もう辞めたくなりますよぉ~ドラゴンボーンぅ・・・。」




SS445.jpg

UDN「はぁ・・・とりあえずイヴァルステッドに着いたけど・・・。
魔術師の方は確かヴェルマイヤーの宿屋前で会えるはずだと聞いてるけど・・・。」

SS122.jpg

Lydia「あっ!!あの人じゃないですか?見るからに魔術師って感じの人ですし・・・。」

SS446.jpg

???「・・・?もしかして貴方達・・・、Sha姐さんが言ってたご一行さん?」

uキラッ

UDN[「そうだよ(便乗
詳しい事情は聞いてるかもしれないけど僕の天才的な魔法を観てもらいにわざわざやって来たんですよ。」

Venit「そう・・・(無関心
じゃあ貴方がUDNね、私はVenit(ヴェニット)よ。一応、炎系統の魔法を専門としてるけど・・・。」

SS155.jpg

Meria「ヴェニット・・・、まさか魔術大学の上級魔術師のヴェニット様ですか?」

Venit「別にアークメイジでもないんだからそんなに畏まらなくてもいいわよ。
それに魔術師としてはSha姐さんの方がずっと上だし、私はあの人の下で魔法を学んだのよ。
まぁ・・・、姐さんは氷結魔法の専門家だし今回の件は私が適任なんでしょうね。」

SS120.jpg

Lydia「剣の事は鈍器使いじゃなくて剣士に聞けって事ですね!!」

Venit「そういうことね。
とりあえずその問題の詠唱を見せて頂戴。」

SS447.jpg

UDN「僕の天才的な魔法、見とけよ見とけよ^~」

SS153.jpg

Meria「私たちから見れば普通の魔法の詠唱に見えるんですが・・・。」

SS119.jpg

Lydia「魔法に関しては正直無知に近いんですけどね・・・。」

SS446f.jpg

Venit「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なるほど、確かに姐さんでもこれは驚くわけだ。
貴方、何処でそれを習ってきたの?」

u笑顔

UDN「強いて言うなら僕の直感ですねぇ!!
習ったと言うより身体に染み付いていると言うか・・・。」

Venit「そう・・・。確かに貴方の魔法は普通のそれとは形式がかなり違うわ。
言ってしまえば貴方のそれは魔法ではない何かね。
残念だけど私にはそれが何なのかはわからないわ、姐さんもそうだろうと思うけど。」

SS153.jpg

Meria「そうですか・・・。
やはり安全性は保障できないようで・・・。」

Venit「そうでもないわ。
まったく同じじゃないけど特異体質の魔術師にも似たような現象が起こるのよ。
そしてそれが原因で死に至るといった話は聞いた事はないし記録もないわ。
恐らく自分の技術としてコントロールはできる筈なの。要は無理さえしなければ大丈夫ってこと。」

SS120.jpg

Lydia「じゃあ従士様は大丈夫って事ですね!!よかったぁ・・・。」

SS446f.jpg

Venit「ただね、一つだけ聞いておくけど・・・。
貴方、『混沌の炎』を今まで見たり、単語として聞いたりはしてない?」

u哀しい

UDN「いやぁ~、聞いたことも見たこともないっす。
それは魔法の名前かな?」

SS448.jpg

Venit「いや、知らないならそれでいいの。
とにかく貴方は大丈夫だから、無理さえしなければ大丈夫よ。
私は姐さんに報告ついでに顔出してくるから。それじゃあよい旅を。」

SS122.jpg

Lydia「あれ?案外あっさりと終わっちゃいましたね。」

SS153.jpg

Meria「そこまで心配に及ばない事であるのならいいのですが・・・。
ともかくこの件は今後も経過を見る必要がありますね。
さて、それではハイフロスガーの方へ角笛を届けに参りましょうか。」

uポッチャマァ

UDN「ああもう逃れられない!!」




SS449.jpg

UDN「しっかし、またこの階段を上るのかぁ・・・。
いっそ麓に出張所を立てて欲しいんだよなぁ・・・。」

SS121.jpg

Lydia「それはそれでロマンが無くなると言うか・・・、あ、いやなんでも無いです。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SS450.jpg

uポッチャマァ

UDN「ぬわぁぁぁぁん疲れたもぉぉぉぉぉぉぉん!!
何でこんなとこまで上らなきゃいけないんですか(正論)もう辞めたくなりますよ^~」

SS152.jpg


Meria「まったく・・・、御屋敷再建のためにドラゴンボーンの称号は必要と仰っていたのは誰でしたっけ?
それに初めてここを訪れた時に比べれば楽な道のりでしたよ。旦那様はオーバーすぎます。」

SS120.jpg

Lydia「そう言えばフロストトロールと遭遇したりと大変でしたね~。
今でこそいつでもかかって来い!!って感じですけどね。」

Meria「それだけ皆が実力をつけたというわけです。
ですので旦那様、謙遜などされずにドラゴンボーンとしてハイフロスガーの門を叩きましょう。」

UDN「え、ちょっとメリアさん背中押してない?押してるよね?物理的に。
ちょっと待って、ヤダヤダ、まだ心の準備が・・・!!」




810f.jpg

アーンゲール「・・・・・・・・・・・・・・・・。」

u哀しい

UDN「あ、どーも、こんにちわっす。
とりあえず角笛持ってきたっす、これっす。」

SS451.jpg

アーンゲール「あまりに遅いので死んだのかと思っていたが・・・・、いや、もう何も言うまい。
こうして角笛を持ってここに来た、かかった時間はどうであれ試練は全て合格だ。
我らと共に声の道を求める者として認めようではないか。
それでは早速新たな声を伝える儀式を・・・」

uファッ

UDN「いや、早速もなにも僕はそんな気もないしマジで尻だけは勘弁してください尻だけは!!」

SS452.jpg

UDN「・・・って、あれ?ドラゴンを倒した時と同じ感覚?
あっ・・・、頭の中にドラゴン語が・・・。」

アーンゲール「おぬしも無駄に時間を積み重ねていたわけではない事は一目でわかる。
多くのドラゴンを屠り、力を得る方法をわかった今のおぬしなら直接身体に注入しなくても理解は容易いだろう。」

SS120.jpg

Lydia「当然ですっ!!今や従士様はあのアルドゥインを滅ぼさんとする勇者なのですから!!」

810f.jpg

アーンゲール「アルドゥインが再来した以上、ドラゴンボーンとの決戦は運命付けられたものだ。
おぬしもいずれあの邪龍と雌雄を決する事になるだろう。」

SS152.jpg

Meria「旦那様・・・いえ、我が主の崇高なる使命ですからね。
そしてアルドゥインに対抗する手がかりはシャウトであると・・・、師は何かご存知で?」

アーンゲール「確かに、アルドィンに対抗する手段はあるシャウトであるのには違いない。
だが我らはそのシャウトが何なのかは誰一人として判らぬ。」

uファッ

UDN「嘘っそだろお前!?それじゃあここで修行したって意味ないじゃないですか!!」

SS458.jpg

アーンゲール「・・・しかし、我らグレイビアードの主、パーサーナックスなら何かを知っているかもしれぬ。
おぬしは今や我らと同じ道に生きる者、おぬしが望むならパーサーナックスへの道を拓いてやろう。」

Next BABYLON STAGE 22・・・



約一ヶ月近くスカイリムをガッツリプレイする時間がなかったため久々の更新です。
あぁ^~、もっと休みと休みに遊べる体力が欲しいんじゃぁ^~
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2014/07/15(火) 19:01:24|
  2. Skyrim日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 登場人物に捧げる50の質問 Meria | ホーム | BABYLON STAGE 20 ~火の服従~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udonkyuudou.blog.fc2.com/tb.php/38-337eff48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

申し訳ないが画像の無断転載はNG

うどん求道者

Author:うどん求道者
Skyrimプレイ日記や気まぐれなMOD紹介をしていく不健全なブログです。
クッソきたないホモネタ、ネタバレ、妄想全開の日記ですが許してくださいオナシャッス!!

18歳未満の青少年のご教育によろしくない記事もございます。
該当記事には注意を設けておりますが苦手な方は閲覧の際ご注意下さい。


リンクフリーです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
はじめに (1)
MOD紹介 (6)
Skyrim日記 (27)
外伝 (1)
主な登場人物 (1)
その他雑記 (4)
自作MOD (1)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ドラゴンシャウト(意味深

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あくせすかうんたー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。