FC2ブログ

A Midsummer Night's Skyrim

BABYLON STAGE EXTRA ~真夏の夜のスカイリム~(ヴォー・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BABYLON STAGE 18 ~INM - The Nightmare~

SS346.jpg

前回のあらすじ。
デイドラの王であるメリディアの依頼を無事にこなし、聖剣『ドーンブレイカー』を入手したUDN一行。
これに味を占めたのか、手っ取り早く強くなる為にデイドラにまつわる事件に首を突っ込む事に。
ドーンスターの不穏な噂を聞きつけ早速向かってみるが・・・。




SS335.jpg

SS120.jpg

Lydia「・・・ふぅ、まさか巨人も簡単に狩れちゃうなんてびっくりです。
さすが聖剣なんでしょうか?以前使っていた剣とは大違いだってハッキリわかりますね。」

u笑顔

UDN「やりますねぇ!!
次は僕が強力なポン刀を手に入れる番だしさっさとドーンスター行きましょうよ。
確かかなり奇妙な現象が起こってるって噂らしいし。」

SS152.jpg

Meria「まったく・・・、リディアさんは兵士としての鍛錬を積んでいるから剣の真価を発揮できるのです。
武器はもちろんですがご自身の鍛錬を怠らないようお願いしますよ、旦那様。」

u哀しい

UDN「アッ・・・はい。おかのした。」




SS337.jpg

UDN「さてさて、ここがドーンスターかぁ。
例の噂もだけど、ここは良質な鉱物資源が取れるって有名だったっけ。」

SS153.jpg

Meria「そうですね・・・、ですが現在は鉱山の稼働状況が悪いみたいですね。
住民の多くが夜な夜な悪夢に魘されていてそれが原因で思うように採掘が進まないのでしょう。」

SS121.jpg

Lydia「確かにその噂が広がり始めてからドーンスター産クイックシルバーの値段が上がりましたからねぇ。
ホワイトランにいた頃に支給された装備も目に見えてショボくなってましたし・・・。」

SS147.jpg

Meria「どうにせよこの件も一筋縄でいかないようですし旦那様や私たちにとってはいい経験になるでしょうね。
ここの労働者達を救うと思えば一石二鳥でしょう。」

SS152.jpg

Meria「(それに・・・旦那様が夜な夜な魘されている悪夢についても何か判るかもしれません。)」

u笑顔

UDN「ま、とりあえず宿屋で情報収集でもしようかな。
リディアちゃん、聞き込み頼むよぉ~。」

SS120.jpg

Lydia「はい!!お任せ下さい従士様!!」




数分後・・・。

SS338.jpg

エランドゥル「・・・君がこのドーンスターの悪夢について調べ回っているのか。
失敬、私の名はエランドゥル。マーラに仕える司祭だ。」

u哀しい

UDN「えっ、司祭・・・?
確かに僕が代表者だけどどうして司祭がこの件に首突っ込んでるの?」

エランドゥル「慈愛の神マーラの意思に従っているまでだ。
君達もドーンスターの現状についてはわかっているだろう?」

SS153.jpg

Meria「えぇ、ドーンスターの住民が夜な夜な悪夢に魘されていると。
原因はあくまで憶測ですが人智を超えた・・・それこそデイドラの類によるものでないかと考えています。」

SS339.jpg

エランドゥル「なるほど、考えもおおよそ一致しているか。ならば説明は容易い。
君達の推理の通り、私もこの件はデイドラの王、ヴァーミルナによって創られたものであると考えている。」

u哀しい

UDN「・・・・・・ヴァーミルナ、夢と悪夢を司るデイドラだね。
人の世では預言者としての一面もあるけど基本的には悪夢をばら撒いているからなぁ。」

SS338.jpg

エランドゥル「どうやらその分野には詳しいようだな。
そしてドーンスターのみにこの現象が見られる事から付近に元凶があると調査をしていた。
しかし目処は立ったのだが・・・、単身で挑むには少々厄介でな。
君達は見たところ腕が立つようだ、ここは一つ私に協力してもらえないだろうか?」

u笑顔

UDN「もちろん、そのためにドーンスターに来たようなものだしね。」




SS340.jpg

エランドゥル「あぁ、目的地はドーンスターのすぐそこだ。
あの丘の塔、人が滅多に寄り付かないのでもはや廃墟ではあるがな。」

UDN「はぇ^~近いじゃないか。」

エランドゥル「行ってみればわかるがあの丘は妙に魔物が集まりやすい場所でな。
それもデイドラと関係があるかもしれないが・・・、とにかく準備は怠らないようにしてくれ。
長い間放置されているんだ、何が住み着いているかわからん。」

SS342.jpg

uファッ

UDN「ファッ!?だからってこれはないんじゃないですか!?
巨人だよ巨人!!町の近くに住み着いてるなんてこれもうわっかんねぇなぁ・・・。」

SS118.jpg

Lydia「しかも性質が悪いことにこいつは小型の巨人です。
これ一体は楽なんですけどもしかしたら群れがやってくるかもしれません・・・。」

SS338.jpg

エランドゥル「・・・仕方がない、二人はここに残って外を見張っていてくれ。
今の腕なら撃退も容易いはずだ。探索を終えた後に待ち構えられたらひとたまりもないからな。」

SS122.jpg

Lydia「ちょ、駄目ですよ!!私たちはこの人の護衛なんですから!!
探索は私かメリアさんのどちらかが・・・。」

uキラッ

UDN「まぁ、そう慌てないで。大丈夫だって、ヘーキヘーキ。
今までかなりの遺跡を探索してきたし、いざとなったら逃げて帰るしさ。」

SS152.jpg

Meria「・・・リディアさん、ここは旦那様を信じて待つとしましょう。
旦那様も剣士としての腕は着実に上がってきています、こちらの司祭様もついていますし・・・。
それに巨人族はこの廃墟に入れません。むしろ中の探索の方が安全とも考えられます。」

SS121.jpg

Lydia「は、はぁ・・・。確かに一理ありますしメリアさんがそう言うなら・・・。
えっと・・・、従士様、私たちはここを守るのでくれぐれもお怪我がないようにお願いしますね。」




u笑顔

UDN「さて、二人は留守を守ってくれるようだし司祭さんの目的を聞こうかな。
大丈夫大丈夫、こっちはデイドラあやかりで来てるからあんまり明るい理由じゃないし、ただ安全を確かめたくてさ。」

SS338.jpg

エランドゥル「・・・うむ、そうだな。あまり話すべき事ではないのだが君には話さねばなるまい。
まずはそもそも此処が元凶であると私が知っている理由からだ。」

SS344.jpg

エランドゥル「元々私はこの廃墟で魔術、錬金学、デイドラの魔術の研究をしていた研究員だ。
その時に生み出された『ミアズマ』と言う物質がドーンスターの住民を苦しめる原因となっている。」

u哀しい

UDN「物質・・・ってことは錬金術で生み出した薬物の類か何か?」

エランドゥル「そうだ。ヴァーミルナの領域の魔力を抽出、利用したガス状の物質だな。
随分昔にはなるのだがオークの略奪団に襲撃された際、不完全なそれが作動してしまった。」

UDN「で、それはどのくらい危険なものなのさ?
夢見が悪くなる程度というなら言うほど危険じゃないと思うけど・・・。」

エランドゥル「幸いな事にドーンスターの住民の受けている影響はまだ小さい。
もともとは老化現象を遅らせる目的で作ったものだが、まだ不完全なそれは老化を止めるものの『吸引した者を冬眠状態にさせる』のだ。
それで当時は難を逃れたのだが・・・、今も当時の者達が眠っているだろうな・・・。
とにかく中に入ってみよう、そうすれば全てわかる。」

SS345.jpg

エランドゥル「さぁ、この先だ。
私以外がこの封印を解いた形跡がない・・・ということはやはり当時のままか・・・。」

UDN「どうしてその封印の解き方を・・・あっ・・・(察し」

SS346.jpg

SS338.jpg

エランドゥル「見ろ、あれがその元凶だ。
塔内にミアズマは残留したいないようだが、ミアズマの効力を作動させる魔力があの杖から発生している。
あれを止められればドーンスターの人々もきっと救われるに違いない。」

u哀しい

UDN「もしかしてドーンスターに影響が出たのって、ここから徐々にそのミアズマが漏れて出ていたからって事じゃないですかね、間違いない・・・。」

エランドゥル「残念だがそう考えるほかはないようだ。
とにかく最下層に降りよう。大丈夫とは思うがやたら空気が重いと場所には近づかないようにな。」

u子犬

UDN「・・・ワァーオ、ホントに人が冬眠している。」

エランドゥル「これが不完全なミアズマをもろに浴びた者の姿だ。
・・・・・・ん?ちょっと待て、様子がおかしい、塔内の魔力の流れが急に・・・!?」

SS347.jpg

uファッ

UDN「ファッ!?
まだ何もしていないのにどうして眠っていたはずのオークが目覚めるんだよ!?」

エランドゥル「いや、ヴァーミルナの魔力が私たちの接近に気付いて彼らを強制的に目覚めさせたんだ!!
武器を構えろ!!彼らは眠りに直前まで戦っていた賊だ!!襲い掛かってくるぞ!!」

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

u哀しい

UDN「いや~キツイっす。大人しく寝ているならさっさと終わらせられるんだけど・・・。」

SS348.jpg

uポッチャマァ

UDN「ちょっと障壁貼り過ぎんよ~、妨害やめちくり^~(挑発」

SS338.jpg

エランドゥル「これは参ったな・・・、障壁の魔力は中枢から供給されている以上、外側からではどうしようも・・・・。
いや、待て。手段ならある・・・・。まだここに残っていればの話だが・・・。」

SS350.jpg

UDN「ここにも何も、中は争った形跡でボロボロになってるし、書物だって燃え尽きたものばかりだよ。」

エランドゥル「あぁ、だがこの先に進む手段はあの書物・・・『夢中の歩み』に賭けるしかない。
他の本より分厚く、ヴァーミルナが描かれた表紙の本だ。燃え尽きてさえいなければきっと見つかるはずだが・・・。」

uポッチャマァ

UDN「嘘っそだろお前!?どうしてこんな荒れた場所から本が見つかるんですか。
もう帰りたくなりますよ~、ドーンスターぁ・・・。」

・・・ガサッ

UDN「・・・・・・ん?」

SS351.jpg

u哀しい

UDN「あっ・・・(察し)、ふーん・・・。」

Next BABYLON STAGE 19・・・



クソデカ夢中の歩み君ですが初見の時は30分探しました(半ギレ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

  1. 2014/05/30(金) 22:43:28|
  2. Skyrim日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ド素人が非独立型フォロワー『venit』を作ってみた。 | ホーム | BABYLON STAGE 17 ~Necromancer - 異常性愛~>>

コメント

いつも楽しく拝見してます
Lydiaさんが可愛くて辛いです。 気になってたんですがここってドーンスターだったような・・・(;・・) 

あっ・・・(察し)
  1. 2014/06/02(月) 13:20:05 |
  2. URL |
  3. ドゥルルル #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ア!!(スタッカート
やべぇよやべぇよ・・・ここドーンスターだったよ。ご指摘ありがとナス!!
ロリディア is GOD
  1. 2014/06/02(月) 19:29:39 |
  2. URL |
  3. うどん求道者 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udonkyuudou.blog.fc2.com/tb.php/33-035caa13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

申し訳ないが画像の無断転載はNG

うどん求道者

Author:うどん求道者
Skyrimプレイ日記や気まぐれなMOD紹介をしていく不健全なブログです。
クッソきたないホモネタ、ネタバレ、妄想全開の日記ですが許してくださいオナシャッス!!

18歳未満の青少年のご教育によろしくない記事もございます。
該当記事には注意を設けておりますが苦手な方は閲覧の際ご注意下さい。


リンクフリーです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
はじめに (1)
MOD紹介 (6)
Skyrim日記 (27)
外伝 (1)
主な登場人物 (1)
その他雑記 (4)
自作MOD (1)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ドラゴンシャウト(意味深

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あくせすかうんたー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。