FC2ブログ

A Midsummer Night's Skyrim

BABYLON STAGE EXTRA ~真夏の夜のスカイリム~(ヴォー・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BABYLON STAGE 16 ~ACCEED?~

SS282.jpg


前回のあらすじ。
ラットウェイに隠れ住むエズバーンを無事デルフィンの元に届けたUDN一行。
そしてスカイリムの危機を救うため、数少ないブレイズの生き残りと共にブレイズの聖地へと向かう・・・。





SS94.jpg

エズバーン「成程・・・、確かに話を聞く限り彼は間違いなくドラゴンボーン・・・。
今、ブレイズである私達が求めるスカイリムの英雄に違いない。」

SS100.jpg

エズバーン「ならば期は満ちた。
デルフィン、今すぐにでも我々はブレイズの聖地、スカイ・ヘヴン聖堂に行かねばならない。
この書は竜戦争時代の終わりにブレイズが残した書・・・、アルドゥインを倒す方法を記した場所を示している。」

10f.jpg

デルフィン「この場所は・・・ドラゴンボーン、少し地図を貸して頂戴。」

SS262.jpg

デルフィン「今のマルカルスの近く・・・、恐らくはカーススパイアーを示しているわね。
しかし参ったわ・・・、今のスカイリムではフォースウォーンの巣窟になってるかもしれない。」

u哀しい

UDN「フォースウォーン?何の問題ですか?(レ」

SS119.jpg

Lydia「フォースウォーン・・・、今マルカルスが抱える最大の問題でもあります。
彼らはブレトンの集まりで呪術的な信仰の下、マルカルスの侵略を目論む部族の事です。
実態は完全に掴めてませんが生贄の儀式や心臓を抉り出すなんて恐ろしい噂も・・・。」

u子犬

UDN「え、なにそれは・・・(ドン引き
ウッドエルフならまだわかるけどブレトンってそんなにヤバイ連中だったっけ・・・?」

SS148.jpg

Meria「いえ・・・、やはり内戦に乗じて過激化してしまったのでしょう。
今のスカイリムの情勢を考えればありえなくはない話です・・・。」

10f.jpg

デルフィン「そうね・・・、どうにせよ用心に越した事はないわ。
今回はカーススパイアーまで皆一緒に行ったほうがいいわね。」




~カーススパイアー前~

SS263.jpg

デルフィン「この長い橋を渡った先がカーススパイアーよ。」

SS265.jpg

エズバーン「・・・先に偵察しておいたがやはりフォースウォーンが住み着いている。
聖地を穢されていなければいいが・・・。」

SS150.jpg

Meria「それに話し合いでどうにかなるという相手ではなさそうですね・・・。」

SS118.jpg

Lydia「ええ、それに彼らには討伐命令が常にマルカルスから出ています。
周辺住民の為にもここで一掃しておきましょう。」

uポッチャマァ

UDN「いや~、あの人数相手は流石にキツイっす・・・。」

デルフィン「どうやらあっちに気付かれたようね、皆、行くわよ!!」

uファッ

UDN「ファッ!?やっぱり固まって来るべきじゃなかったんじゃないですか!?」


・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

SS267.jpg

UDN「ふぅ・・・、なんとか殲滅できたけどいつ増援が来るかもうこれわっかんねぇなぁ・・・。」

SS268.jpg

UDN「こ↑こ↓がその入り口っぽいですしさっさと行って終わらせましょうよ。
ほら、みんなあくしろー。」

SS152.jpg

Meria「・・・・・・それにしてもあっさり片付きすぎる、まるで全員が疲弊してたかのような・・・。」

SS120.jpg

Lydia「ふぅ、楽勝楽勝です。
・・・あれ、メリアさんどうかしました?もしかして怪我でも?」

Meria「いえ、体調に変わりはありません。少し考え事をしていただけですが・・・まぁ、大丈夫でしょう。」

Lydia「・・・?ならいいんですけど・・・。」




SS270.jpg

デルフィン「流石ブレイズの聖堂ね、やたらと仕掛けが多いわね。
この様子だと奥はフォースウォーンに荒らされてはいないだろうけど・・・。」

エズバーン「不幸中の幸いだな、これはブレイズの知識を持つ者ではないと解けない仕掛けだ。」

SS271.jpg

エズバーン「気をつけろ、ドラゴンボーン。例えばこれは間違った絵柄を踏むと・・・」

SS272.jpg

u子犬

UDN「あ・・・、踏んじゃった・・・。」

SS151.jpg

Meria「旦那様!!真面目にやってください!!」

SS122.jpg

Lydia「ちょ、ちょ、ちょっと爆発してるじゃないですか!!従士様!!早く!!早く止めてくださいよ~!!」




SS273.jpg

エズバーン「・・・・・・なんとか生きてたどり着けたか。
なるほど、これが最期の仕掛け、血の印か。」

SS274.jpg

エズバーン「この印はドラゴンボーンの血にのみ反応し、アルドゥインの壁への扉を開く。
・・・・・・まぁ、大丈夫だろうと思うが試してみてくれ。」

uポッチャマァ

UDN「じゃあ少しだけ指を・・・、アォン!?あかん、結構深く切ってしまった・・・。」

エズバーン「・・・よかった、開いたようだ。」

デルフィン「私もかなり心配だったけど一応彼、ドラゴンボーンなのよね・・・。」

SS275.jpg

SS155.jpg

Meria「ここがスカイ・へヴン聖堂・・・、まるで時が止まっているかのような場所ですね・・・。」

u笑顔

UDN「この建築方法は・・・、第一紀、いや、少なくとも第二紀以前の物ですねぇ!!」

SS278.jpg

UDN「装飾、状態共に良好で非常に頑丈だ。
刀も風化が酷くなく研げばすぐに使えそう。刀身は玉鋼を使用したのかな?」

SS148.jpg

Meria「はぁ・・・、旦那様の長所でもあるんですがあまりはしゃがないでくださいね。」

SS279.jpg

エズバーン「それだけブレイズは後世に伝えたかったのだろう。
この壁こそがアルドゥインの壁。アルドゥインを倒す方法を示した壁画だ。」

SS153.jpg

Meria「抽象画・・・でしょうか?
人と竜が戦っている様子はわかりますが・・・。」

uキラッ

UDN「あぁ^~いいねぇ^~。道理でねぇ。」

エズバーン「ドラゴンボーン、何か判ったのか?」

u笑顔

SS294.jpg

UDN「壁画の左側には『むかしむかしドラゴンと人が戦ってました』ってニュアンスだけだと思うけど、
真ん中のこれは人をドラゴンを打ち倒す様を描いているよね。
左は魔術師で・・・、右は戦士かな?真ん中は何をしているかわからないけど顔から沢山の線が描かれてる。
髭と言うには長すぎるし、『顔から何らかの力を放出している』って意味だよね。」

SS295.jpg

UDN「右はブレイズの自己顕示欲のカタマリでしょ。
ちょうど実家の近くのクラウド・ルーラー寺院のブレイズの装備がこんなのだったし。
強いて言うなら、ドラゴンと人の戦いにブレイズは大きく献上したって意味になるのかな。」

SS94.jpg

エズバーン「最期は余計だが確かに・・・、そう解釈するのに何の不自然もない。
これもドラゴンボーンの力とでも言うのか?」

10f.jpg

デルフィン「そして中央の人物の『顔から何らかの力を放出している』と言うのは・・・」

エズバーン「スゥーム・・・、つまりドラゴンボーンによるシャウトと考えるべきだろう。
しかしそれがどんなシャウトなのか・・・、ドラゴンボーン、それについてはどうだ?」

u哀しい

UDN「ダメみたいですね。」

デルフィン「仕方がない、それについてはグレイビアード達に尋ねるしかなさそうね・・・。
だけど凄いわ、この壁画の意味を即座に理解するなんて。やっぱり只者じゃないのね、貴方は。」

SS120.jpg

Lydia「当たり前じゃないですか!!従士様はドラゴンボーンなのですから!!」

???「そうね、ホントにそれだけは大したものよ、ドラゴンボーン。」

SS155.jpg

Meria「・・・っ!?何者ですか!?」

SS283.jpg

???「あら、さっきのドラゴンボーン様の名推理のあたりからいたんだけど・・・、気付かなかったのかしら?」

SS118.jpg

Lydia「皆さん!!武器を構えて!!早く!!彼女は危険です!!」

エズバーン「あの少女はいったい・・・、それよりもどうやってここに侵入したんだ?
まさか我々の後をつけてきたとでも?」

デルフィン「そんな気配は無かったわ、まさか・・・最初からここにいたとでも言うの?」

SS282.jpg

???「あら、まぁ・・・、久々の再会だと言うのに随分と酷いこと言ってくれるじゃない、リディア。
それに私はドラゴンをもっと痛ぶれる方法がここに眠ってるって情報を聞いて探索しに来た善良な冒険者よ?
表は閉まっていたから仕方なく崖を上って裏口から入ってきたの。中々にいい眺めだったわ。」

SS280.jpg

Meria「まさか・・・、表のフォースウォーンを消耗させていたのも・・・。
それにリディアさんを何故知って・・・。」

Lydia「彼女はRen(レン)・・・、私の・・・実の姉です。
ですが気を許さないで下さい!!彼女は人の道も剣の道も違えた邪悪な剣士です!!」

SS290.jpg

Ren「あら、あなた達あの部族どもを殺しちゃったの?そんなあなた達が私を外道呼ばわりなんて失礼しちゃうわ。
襲ってくる敵を殺す事無く完全に敵意が喪失するまで痛めつけて、陵辱の限りを尽くして生かしてあげたのよ。」

SS118.jpg

Lydia「・・・・・ッ!!それを楽しんでやってる貴女が言う台詞ですか!!」

SS281.jpg

Ren「全く・・・、愛しのドラゴンボーン様の前であまり声を荒げるものじゃないわよ、リディア。
さて・・・ドラゴンボーンさん、うちの出来の悪い妹がお世話になってる様だけど・・・。」

uファッ

UDN「・・・あぁ^~、確かに姉妹と言われりゃ姉妹ですねぇ!!
やたら顔つきがリディアちゃんと似てると思ったら・・・。」

Ren「あぁ・・・、話の流れについてこれないのね。
まぁいいわ、ここではなんだし裏口の広間に行きましょ?」

エズバーン「待て!!ドラゴンボーンをどうするつもりだ!?」

SS291.jpg

Ren「外野は煩いわねぇ・・・、二度と喋れない身体にしてやってもいいのよ?え?」

デルフィン「・・・・・・ッ!?この殺気・・・、なんて禍々しいの・・・!!」

SS150.jpg

Meria「・・・・・・確かに気を許せませんね、あのフォースウォーンの傷痕、アカヴィリの拷問によるものと同じものでした。
それが貴女の仕業と言うのなら・・・。」

Ren「あら、もしかして同じ趣味の人?あれね、『陵遅刑』って言うの。肉を少しずつ、少しずつ削いでいくね。
私はこれが大好きでね、戦いながら殺さず、意図的に削っていくのって大変だけど気持ちいいのよ。
最初は威勢のいい男もどんどん従順な奴隷少年みたいになって命乞いする・・・、あぁ・・・、たまらないわ。」

u怒り

UDN「まさか・・・、それは『虐待剣術』!!
僕の迫真剣道部とは因縁の宿敵じゃないか!!
かつて同門をマジキチ調教された恨み、もう許さねぇからな・・・。
人間の屑がこの野郎・・・、今すぐ果し合いだ、表に出ろ!!」

SS290.jpg

Ren「迫真剣道部・・・?なにそれ、知らないんだけど・・・。
まぁいいわ、私としてもその方が話は早いし。
ちょうどノルドの奴隷少年が欲しかったから故郷のスカイリムに戻ってきたんだけど・・・。
そうね、ドラゴンボーンの奴隷も悪くないわ。」

SS122.jpg

Lydia「・・・ッッ!!従士様!!流石にそれは危険です!!メリアさんも止めてください!!」

SS150.jpg

Meria「・・・それは出来ません。
何より旦那様が自ら望んで申し出た決闘、私が出来るのはそれを見届ける事のみです。
万が一、旦那様が決闘で命を落とした際は私も自刃する、それだけです。」

SS121.jpg

Lydia「そ、そんな・・・・・・、これじゃ従士様が・・・・・・・・・。」




SS285.jpg

Ren「アハハハハハ!!鈍いわ遅いわ弱いわぁ!!さっきの威勢はどうしたのぉ?
ほらほら、どんどん肉が削げちゃうわよぉ!!」

UDN「アォン!?は、迫真剣道は負けな・・・・・・ヴォェ!!」

u怒り

UDN「痛い痛い・・・、さっきから薄皮ばっかり削ぎ・・・イタァイ!!
畜生・・・イタァイ!!痛いっす!!あああああ、痛いんだょぉ!!(揺ぎ無き力)

SS292.jpg

Ren「刀が痛いのはわかってんのよオイ!!オラァァァァァァ!!(激怒)

SS122.jpg

Lydia「嘘・・・!?従士様のシャウトを気迫で打ち消したなんて!!」

SS286.jpg

Ren「さぁ、次は防がないと死んじゃうかもよ?ねぇ、死んじゃうかもよ!?」

uポッチャマァ

UDN「ああもう逃れられない!!」

Next BABYLON STAGE 17・・・



ガバガババトル展開。
UDN君の命運やいかに。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/05/18(日) 00:56:19|
  2. Skyrim日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャンル移行。 | ホーム | BABYLON STAGE 15-2 ~続・老人体罰~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://udonkyuudou.blog.fc2.com/tb.php/30-a86a135d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

申し訳ないが画像の無断転載はNG

うどん求道者

Author:うどん求道者
Skyrimプレイ日記や気まぐれなMOD紹介をしていく不健全なブログです。
クッソきたないホモネタ、ネタバレ、妄想全開の日記ですが許してくださいオナシャッス!!

18歳未満の青少年のご教育によろしくない記事もございます。
該当記事には注意を設けておりますが苦手な方は閲覧の際ご注意下さい。


リンクフリーです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
はじめに (1)
MOD紹介 (6)
Skyrim日記 (27)
外伝 (1)
主な登場人物 (1)
その他雑記 (4)
自作MOD (1)

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ドラゴンシャウト(意味深

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あくせすかうんたー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。